高校中退してからが人生

あなたが通っているその高校は、しっかりと考えた末決めたものですか?
なんとなく、家から近いから、誰かに勧められたから、消去法で…などの決め方で決めたものではないですか?
そんな決め方で決めた高校を中退しようかな、なんて考えているあなた。ぼんやりとした決め方をしたからこんなことになってしまうのです。しっかりと決めた人生なら後で決定に疑問を持つことなんてないでしょうから。
中退すると、年齢の問題もあって、その後の生活、人生を軌道修正することが難しいと思ってしまいがちです。
今時、高校は卒業していて当たり前みたいな社会の圧力を感じなくもないです。学歴だけが人を判断する材料ではないでしょうが、わかりやすい判断材料を人は欲しがるもの。学歴がないと人は行動にも自信を持つことができない世の中です。高校中退するとなおさら気分が落ち込むもの。


高校中退してからの選択肢

高校中退すると人生はお先真っ暗でしょうか。いいえ、そんなことはありません。
通信制高校に通うなり、また高校を受験するなりして軌道修正すればよいのです。いっそ働くと言う選択肢もあります。
ですが年齢の問題もあって、やっぱり通常の高校にまた通うのは少し抵抗がある…。それならやはり全国どこでも通える通信制高校に通って、その後を考えるのが確実です。

高校中退は逃げることと同じ?

色々な事情があり学校を辞めてしまう方も多いですが、中には自分の意思で辞めたわけではない方もいるでしょう。
例えば、家庭の事情でどうしても高校中退しなければいけなかったとか、病気が良くならなくて結局辞めることになってしまったとか。
そう言った方々は通信制高校へ通って勉強しながら、高校卒業を目指して毎日頑張っています。
しかし、中には授業がつまらないとか思っていたものと違ったと言う理由で高校中退してしまう方もいるようです。
でも、それは逃げている事と同じことですので、成長することは出来ません。


高校中退はどうしてもという時だけ

授業がつまらないのであれば、適当に授業に参加して自分で勝手に学習を進めて、分からないことがあれば質問する感じにすれば良いですし、思っていたものと違ったと言うのは、学校見学をしなかった自分のせいではないでしょうか?
自分勝手な理由を並べて高校中退するのも結構ですが、まずはどうしてそう感じたのか、どうしてそう思ったのかよく考えてみて。
もしかしたら、少し考え方を変えるだけで抜け道が見つかることもあります。
高校中退するとなれば今まで支払ってきた学費がすべて水の泡になりますし、親にも迷惑がかかってしまいます。
今はつらくても大人になってから、やっぱり卒業しておいてよかったと思える日が来ます。


嫌な事であってもすぐ逃げない

嫌なことがあるとすぐに逃げてしまう方がいますが、それではいつまでたっても成長しません。
それこそ、外見は大人だけれど中身は子供のまま。
自分の人生だから口出しされたくないと思う方もいるでしょうけれど、やはり高校中退はもう少し考えてみる必要がありそうです。
嫌なことを乗り越えた先には、必ずそれに見合った良いことが待っているものです。
試練というものは乗り越えられるものしか用意されていないものだと思いますので、どうか諦めないで下さい。

参考サイト:高校中退してからの再入学を目指すならこちら

高校中退しても大学にいくことはできますか?

高校中退を選ぶ人の多くは、いじめや先生との仲の悪さなどの人間関係のトラブルにあるといわれています。
そのせいで学校に通いたくても通っていられなかったというケースが頻繁にあるのです。
中には「できれば大学まで進学したかった」という生徒もいて、高校中退の問題はその人の人生を左右する大きなファクターとなっています。
では、そのような人でも大学に通う方法はないのでしょうか?


「高校中退」で「高卒」の資格を取る

実は、中退でも進学する方法はあります。
それは、通信制高校に通うことです。
この学校では高校中退者が高卒の資格を取れるようなシステムをとっており、人間関係や金銭面、病気のせいで高校を卒業できなかった生徒一人一人をサポートしてくれるのです。
大学進学に高卒の資格は必須ですから、まずはここで第一歩を踏めるといいですね。


大学進学にはどんな勉強をしたらいい?

しかし大学進学となると、それなりに試験を受けなくてはならなくなりますから、5教科の勉強はしっかりと行っておかなければなりません。
音楽学校だとピアノの試験もあるので、その練習もちゃんとつんでおかなければなりませんね。
通信制高校なら5教科も音楽・芸術・美容などの専門分野も勉強できるので、とにかく進学したいという人にはもってこいです。
高校中退でも大学や専門学校に行きたいのなら、まずは通信制の学校に通っておきましょう。

高校中退は後悔する?

色々な事情を抱えていて、今すぐにでも学校を辞めてしまいたいと考えてそのまま辞めてしまった方もいれば、何とか踏みとどまっているという方もいるのではないでしょうか?
実際に高校中退した方々の中には、高校中退してしまったことを後悔して通信制高校へ通っているという方もいますし、中には学校には行けないから高卒認定試験に挑戦しようと独学で頑張っているなんて言う方もいます。
高校に通っているときは今すぐ解放されたい、後悔なんか絶対にしない、なんて思っていても年数が経ち大人になったころには後悔する方も出てきているので、辞める時は慎重に決めた方が良いですね。


高校中退した後の事を考える

高校を中退した後の事を考えることにより、中退することを踏みとどまる方も出てきています。
踏みとどまる大きな理由としては、やはり就職に対する不安が大きいですね。
高校中退してしまったら就職することが困難になってしまう、ずっとアルバイト生活をしなければいけないのか?なんて考えて高校中退を踏みとどまる方も多いです。
自分の人生ですから、きちんと責任のある行動をするようにしましょう。


意見を参考にする

実際に中退してしまっている方々の口コミや掲示板を参考にしてみるのも、非常に良い事です。
後悔すると言われているけれど実際はどうなのか、その書き込みを見て判断することが出来ますし、中にはこんなことをしておけばよかったということも書かれていることがありますので、参考になります。
また、全く後悔していないという方も中にはいますので、どうして後悔していないのかについて調べてみると良いかもしれません。

妊娠をきっかけに高校中退?

高校を中退している方が毎年増えてきていますが、男女の比率は女性の方が多くなっていると言うデータが出ています。
男性よりも女性の方が多い理由は、妊娠をきっかけにして高校中退しているからなんだそうです。
早ければ16歳で結婚することが出来ますから、早い方は妊娠や結婚をきっかけに高校中退しているようなのです。
確かに、妊娠となれば最初は授業に出ることも出来ますが、外見的に周囲の目を集めやすいですし、体に負担がかかることもあります。
ただ、妊娠と言う理由が多い事には驚きが隠せませんね。


女性は高校中退でも大丈夫?

女性の場合は、結婚する際やお付き合いをする時など学歴を重視されることは、さほどないと思われます。
もちろん、それなりに稼ぎのある方とお付き合いをされている方などは話が別かもしれませんが、女性の場合はひどくありません。
逆に男性が高校中退をしている場合、お付き合いや結婚する際相手の両親に反対されてしまう事もあるでしょう。
実際に反対されてしまって分かれるしかなかったという方もいるようですので、男性の方が風当たりもきついのかもしれません。


時間を無駄にしない!

たとえ妊娠で高校を中退してしまったとしても、これから先何が起きるのかまったくわかりません。
もしかしたら、家庭の事情で共働きになることだって考えられますから、通信制高校に通う事も視野に入れておくと良いでしょう。
それが難しい場合は、出来るだけ何かに頑張ってみるとか資格を取得するなど、就職の際困らないよう、準備しておくことをおすすめします。

高校中退に責任を持とう

高校を辞めるのは本人の自由なので他人がとやかく言うのは違うかもしれませんが、きちんと責任を持てるようにしましょう。
例えば、就職の面接の際になぜ高校中退してしまったのかと言う理由を、はっきり伝えることが出来ないと困ってしまいます。
また、こんなことが嫌だったからやめてしまったと言えば、それはマイナスイメージにつながって就職が難しくなります。
だからこそ、きちんと自分で説明できるようにしておくことが大事なのです。
何もしてないままにしていると、この人は何も努力しようとしていないと思われてしまいますので、何もしないままはNG。


高校中退で後悔すると言うけれど

よく高校を辞めてしまったら後悔する日が来ると言いますが、これは人により変わってくることだと思います。
後悔しない方は後悔しないでしょうし、大人になってから高校中退したことを悔やむ方もいます。
しかし、高校中退はあくまでも自己責任で親でも先生のせいでもないのだという事を、決して忘れないようにして下さい。
よくあの時ちゃんと止めてくれなかったからなんて責任転嫁する方もいるようですが、最終的に決めたのは自分自身ですから。
だからしっかり自分のしたことに責任を持たなければならないのです。


ちゃんと歩いていく

中退してそのままだらだら過ごしている方もいるようですが、それでは時間がもったいないので何か行動を起こしましょう。
通信制高校がありますし、こちらでは毎日通学する必要が無いので通いやすくなっています。
3年間在籍し74単位修得出来れば卒業することが出来ますから、無理せず自分のペースで進めることが出来ます。
通信制高校へ通うのが難しい方であれば、独学で勉強をし高卒認定試験に挑戦してみるのも良いです。

高校中退は決して悪い事だけじゃない

高校を辞めてしまう事に対してマイナスイメージを抱きがちですが、実は時と場合にもよります。
最初は何も考えずにただ高卒以上欲しいと思って通っていたけれど、他にやりたいことを見つけたから高校中退すると言う場合は良いのかもしれませんね。
例えば、何かの職人になりたいと考えている方であれば高校に通う必要がないため、高校中退しても悪くありません。
職人を目指すのであれば、師匠や親方の元で修業が必要になりますから、高校へ行く時間も惜しいです。
専門職に就きたいと考えている場合は、中退されても問題ありませんので、そこまで気にする必要はなさそうです。


高校中退は簡単に決めない

通っている学校を辞めるという事は、とても大きなことですから簡単に決めるのは良くありません。
辞めたいからさっさと高校中退してしまうと、絶対に数年後大人になってから後悔することになりますから、よく考えてみて下さい。
授業についていけないのなら先生に質問するとか、それでも分からなければ参考書を購入するといった努力をするのが良いです。
人間関係が嫌なら極力必要以上に関わらないようにするとか、周囲との距離の取り方を考えてみるのが良いです。
どうせ質問したってわかるわけがない、距離の取り方なんてわからないと言うのであれば、何も変わる事は無いので仕方がありません。
ですが、少しでも変えたいと思うのであればまず、自分を変えることが大事です。


先の事をしっかり考えて

職人を目指すという事であれば問題ありませんし、高校を辞めてから通いたい通信制の高校へ転校・編入されるのも良い事。
今では通信制高校を選択している方も多くなっていますので、決して恥ずかしい事なんかではありません。
一番大事なのは、自分がどんなことを学んでどんな仕事をしたいのか、という事なのです。
自分の選んだ道に責任を持つことが出来れば、高校中退しても悪くないと思いますよ。
ただ、今現在の事だけではなくて先のことまでしっかり考えてから決めましょう。